食べること

20.08.10

手打ちパスタ〜基本の生地作り【季節を楽しむ生パスタ】

mimi

mimi

気がつけば手打ちパスタにはまり、作り続けて7年の年月。そんなhanato流、基本のパスタ生地作りを紹介します。

材料:2人前

・強力粉又は中力粉(お好みでデュラムセモリナを混ぜても良し):150g
・卵:1個
・塩:少々
・オリーブオイル:少々
・お湯:適宜

粉100gに対して水分50ml=卵1個くらい
粉150gの場合は水分75ml。うち50mlが卵で、25mlがお湯という考え方ですが、卵のサイズや天気などによって違い、生地はお湯が多すぎるとベチャベチャになりやすいので、お湯の量は25mlとせず、生地を作る時に指先につけていく程度に足していき調節します。

mimi・手打ちパスタ〜基本の生地作り

作り方

mimi・手打ちパスタ〜基本の生地作り
①ボウルに卵、塩、オリーブオイルを入れます。
mimi・手打ちパスタ〜基本の生地作り
③粉がまとまらず水分が足りないように感じたら、少しだけぬるま湯を足していきます。入れすぎるとすぐにベチャベチャになってしまうので指先を濡らして加えていく程度に調節していきます。
mimi・手打ちパスタ〜基本の生地作り
④生地が粉っぽくなくなり、まとまりが出てきたらこねていきます。
mimi・手打ちパスタ〜基本の生地作り
⑤ギュッと力を入れてこねて、まとめていきます
mimi・手打ちパスタ〜基本の生地作り
ギュッと力を入れてこねるを繰り返す
mimi・手打ちパスタ〜基本の生地作り
途中経過です。
だいぶまとまるようになりましたが、あと少しこねていきましょう。
mimi・手打ちパスタ〜基本の生地作り
くるっとして
mimi・手打ちパスタ〜基本の生地作り
ギュッ!くるっとしてギュッ!の繰り返し。5分くらいこねました
mimi・手打ちパスタ〜基本の生地作り
⑥こんな感じにまとまってきたらできあがり!
生地ってなんだかかわいいですね!
mimi・手打ちパスタ〜基本の生地作り
⑦ラップをして、15分くらい休ませます。

次は夏にピッタリのパスタをご紹介します。

パスタ製作:hanato
文・写真・食べる係:mimi
カメラ:SONY NEX-6 / OLYMPUS F.Zuiko Auto-S 38mm f/1.8

8+

この記事を書いた人

tocolier(トコリエ)店主

mimi

tocolierはhanatoとmimiによる二人組のモノづくりユニット。 「暮らしに寄り添うアート」をコンセプトに、 服と花のアトリエショップ&ギャラリーtocolier(トコリエ)という小さなお店も営んでいます。 そんな私たちが日々の暮らしで楽しんでいる季節のパスタや、山旅、お花の事などをご紹介します。

WEBサイト:http://tocolier.com/

FaceBook:@tocolier

instagram:@tocolier

twitter:@tocolier