食べること

20.10.22

室長の外ごはん白書 vol. 5 尾瀬でテン泊、みそやきそば

saorin

saorin

山にキャンプに、アウトドアに全力を注ぐホトリ室長saorinが、愛してやまない外ごはんについて語るコラム。水芭蕉咲き乱れる尾瀬で、「山女日記」に登場する「みそやきそば」を作る。

saorin・室長の外ごはん白書 vol. 5 尾瀬でテン泊、みそやきそば

湊かなえさんのオムニバス小説「山女日記」に登場する、「みそやきそば」
そのちょっと不思議な名前の山ごはんを、一度作ってみたいと思っていた。サッポロ一番みそラーメンをインスタント焼きそばの要領で作るらしいこのメニュー、やきそばで必要なのは当然フライパンだ。でも大丈夫。山ごはん好きな私はアウトドア用のフライパンも持っている。しかし、少しだけ問題があった。
フライパンって、けっこう重い。

saorin・室長の外ごはん白書 vol. 5 尾瀬でテン泊、みそやきそば
6月の尾瀬は雪解け水と水芭蕉が主役。至仏山がそびえたつ

体力温存のため、荷物を極力軽くするのが山登りの鉄則だ。調理器具類も厳選する必要が出てくる。そのためどうしても出番が少なくなりがちだったフライパンだが、今回はみそやきそばを作るため必携アイテムだ。となると、歩く山の方を楽なコースにすればよい。
というわけで、みそやきそばを作るのは尾瀬に決定。ソロで、見晴という幕営地でのテント泊に決めた。尾瀬には燧ケ岳や至仏山などの百名山があるが、それらの山には登らず、水芭蕉が満開の尾瀬をのんびり歩いて楽しむことにした。

saorin・室長の外ごはん白書 vol. 5 尾瀬でテン泊、みそやきそば
私のソロ用テント。そのルックスから「蚕ちゃんハウス」と呼んでいる

思っていたよりもだいぶ暑く、ちょっとばて気味になりながらも、見晴の幕営地に到着。さっそくテントを張る。地面が土なのでペグも差しやすい。天然のベンチ(木)もある。しかも、ここを管理する燧小屋には、テン泊者も利用できる風呂もある。なかなか快適な、いいテン場だ。

お腹が空いていたので、さっそくみそやきそばの調理にかかる。まず材料を取りだしたところ、さっそく悲劇が私を襲った。日中の気温が高すぎて、やきそばに入れようと持参したソーセージがダメになっていた。がーん。でも室長はめげない。もりもり野菜メインのみそやきそばを食べてやる。

フライパンに麺を投入し、水(150ccくらい)を入れて沸騰させ、水分を麺に吸わせる。麺が水分を吸ったら野菜類を投入。野菜がしんなりしたら粉末スープを投入し、最初に作っておいた目玉焼きをのせてできあがり。さっそくほおばる。うん、食感はやきそばなのに味はサッポロ一番みそラーメンだ。なかなかおいしい。私の定番山ごはんメニューの一つに認定された。

saorin・室長の外ごはん白書 vol. 5 尾瀬でテン泊、みそやきそば
麺が水を吸うとほぐれてくる
saorin・室長の外ごはん白書 vol. 5 尾瀬でテン泊、みそやきそば
野菜がしんなりしたら粉末スープIN。ちなみに一人分にしてはちょっと量が多かった気もする
saorin・室長の外ごはん白書 vol. 5 尾瀬でテン泊、みそやきそば

翌朝。今回は出番の少ないフライパンを最大限に活用すべく、朝ごはんはくりぬきトーストにした。
食パンを耳ぎりぎりまで四角くくり抜いて、割りほぐした卵、ハム、チーズを穴に入れ、くり抜いたパンのフタをして両面焼く。地面に傾斜がついていて卵が流れ出してしまったが、なんとか完成。
昨日のソーセージがダメになっていたことを考えるとハムとチーズは大丈夫か?!(匂いはなかった)とぎりぎりまで食べるのを悩んだが、結局食べた。お腹は大丈夫だった。

saorin・室長の外ごはん白書 vol. 5 尾瀬でテン泊、みそやきそば
雪解け水に逆さ燧が映し出される

ちなみに、この尾瀬ソロテン泊で、とある事件が起こった。それについてはこちらのコラムにて。(別サイトリンクです)

7+

この記事を書いた人

写真企画室ホトリ 室長

saorin

浅草橋の写真アトリエギャラリー「写真企画室ホトリ」室長。
“写真を形あるものに残そう”をテーマに、教室・ワークショップの開催、写真公募展など、様々な企画・活動を行っている。また、ここ最近は山登りに夢中。 ”山のおみやげクリエイター”としても活動開始。 マイブランド「mt.souvenir」では、自ら登った山の景色を写真にとじこめて作品を制作。 またサコッシュなど山のグッズを、オリジナルのシルクスクリーンでプリントして制作・販売。 
旅と山の写真案内サイト「畔の窓」を運営。(記事を執筆してくれる窓人、募集!)

WEBサイト:写真企画室ホトリ

WEBサイト:mt.souvenir

instagram:@saorin_fotori

  • instagram
  • twitter
  • facebook

特集

編集部のおすすめ

【今月は写真本特集】写真学校ってどんなことを習うんだろう!

自分が好きじゃない女子高生のミトがお隣のお姉さんに誘われたのはファインダー越しの世界!?一

「観ることで知る、写真の楽しみ方や学び方」