食べること

20.07.29

室長の外ごはん白書 vol. 2 BBQは焼き鳥推し

saorin

saorin

山にキャンプに、アウトドアに全力を注ぐホトリ室長saorinが、愛してやまない外ごはんについて語るコラム。2回目は、キャンプBBQの推しメニュー・焼き鳥について。

saorin・BBQは焼き鳥推し

アウトドアの趣味として始めたのは、山よりもキャンプの方が先だ。最初は友人に連れて行ってもらったフェスがきっかけで、野外で音楽を聞きながらごはんを食べたりお酒を飲んだりするのがこんなに楽しいのか、とアウトドアに開眼した。それ以来、かれこれ10年ほどオートキャンプを楽しんでいる。山ごはんに比べて荷物のダイエットを考えなくていいので、キャンプごはんはそれこそ色んなバリエーションが楽しめるが、今回はキャンプ=BBQということで、室長的最推しBBQメニュー・自家製焼き鳥について語る。

そもそもBBQと聞くと、いわゆる焼肉の牛肉が一般的だと思う。スーパーにも「BBQセット」とラベルが貼られた牛肉セットがよく売られている。もちろん間違いなく美味しいのだが、いかんせん牛様なのでお値段が高い。そこでおすすめなのが、自分で作って炭火焼にして食べる焼き鳥だ。

スーパーで買ってくるのは鶏もも肉と、あれば鶏皮。あと手羽先はマスト。ただ炭火で焼くだけなのに信じられないくらい美味しい。竹串だと焼けてしまうので、BBQ用の金串を使うのが鉄則だ。鶏もも肉は1口大に切って金串に刺せばOK。気分転換にネギマ串を作るのもよい。

saorin・BBQは焼き鳥推し
鶏皮はお買い得
saorin・BBQは焼き鳥推し

そして個人的に安上がりで最高においしいおすすめ焼き鳥が、皮。不要な部分として売られていてべらぼうに安く、コスパと満足度が限りなく高いのだ。ぶにぶにしていて金串に刺すのがちょっと難しいのだが、折りたたむように適当に刺していけばそれなりに仕上がる。基本的に鶏皮が苦手でなければ、ぜひ炭火BBQで食べてみてほしい。塩と、時に柚子こしょうをつけるだけでいくらでもビールが進む。焼肉のタレよりも、おすすめは断然、塩+柚子こしょう。たまに七味や山椒をかけてもよいと思う。

saorin・BBQは焼き鳥推し
saorin・BBQは焼き鳥推し

お店で食べるような焼き鳥を家庭で作るのはなかなか難しいけれど、炭火焼BBQだったら簡単で、しかも安上がり。もし貴方がBBQをやる機会があったら、私は全力で焼き鳥を推したい。

12+

この記事を書いた人

写真企画室ホトリ 室長

saorin

浅草橋の写真アトリエギャラリー「写真企画室ホトリ」室長。
“写真を形あるものに残そう”をテーマに、教室・ワークショップの開催、写真公募展など、様々な企画・活動を行っている。また、ここ最近は山登りに夢中。 ”山のおみやげクリエイター”としても活動開始。 マイブランド「mt.souvenir」では、自ら登った山の景色を写真にとじこめて作品を制作。 またサコッシュなど山のグッズを、オリジナルのシルクスクリーンでプリントして制作・販売。 
旅と山の写真案内サイト「畔の窓」を運営。(記事を執筆してくれる窓人、募集!)

WEBサイト:写真企画室ホトリ

WEBサイト:mt.souvenir

instagram:@saorin_fotori