食べること

21.01.25

鏡もちの味 【和菓子と写真】

金森 祐芽

金森 祐芽

遅ればせながら、新しい年、2021年を迎えました。
どうぞ今年もよろしくお願いします。

お正月からは少し時間が経ってしまいましたが、鏡もちのお話。

年始にご家庭に鏡もちを飾った方も多いのではないでしょうか?
私はここ数年は、良く行く和菓子屋さんで買い求めるのが恒例になっています。小さいながら、和菓子屋さんで買うと美味しそうじゃありませんか?今までではそれを帰省するついでに持って帰り、実家で飾っていたのですが、残念ながら今年は帰省することが叶わず。そのまま私の家に飾られることになりました。

さて、新年11日目が鏡開きの日です。
神様にお供えしたもののお下がりをいただき、一年の無病息災を願うもの。実はちゃんと鏡開きをするのは初めてで…それ以前の鏡餅たちの行方は、追求しないでください…。
和菓子屋さんによっては、引き取ってつき直してくれるところもありますが、頼むほどの大きさでもないので、見様見真似で鏡開きをしました。

金森祐芽・鏡もちの味【和菓子と写真】

見るも無惨、カピカピになった二寸(=6cm)の鏡もち。

カビないように防カビシートも引いてますし、部屋が乾燥していることもあり、ひび割れてポロポロ落ちてくる状態になりました。小さいこともあり中まできれいに乾燥しています。
カビは生えてないけど、これって食べられるのかな?と、半信半疑にザルに入れて軽く水洗いをし、水につけます。大きさによると思いますが、およそ1日くらい。ある水を吸収したかなと思われればOK。

金森祐芽・鏡もちの味【和菓子と写真】

本来であればまたつき直してお餅にするところですが、私は安直に電子レンジへ。少しずつ加熱し、程よく柔らかくなったところで取り出します。お雑煮、磯部巻き、きな粉餅…と食べ方は色々ありますが、私は買ってきた餡子に入れてぜんざいにして頂きました。

金森祐芽・鏡もちの味【和菓子と写真】

一度乾燥しているだけにどんな味なのか…と思いきや、あまり搗き立てと変わらずもちもち美味しい。

あずきと鏡餅なんて、いかにもおめでたい組み合わせですよね。
これで今年一年何事もなく、無事に過ごせると良いなと思います。
そして、皆さんが無病息災で過ごせることも心より願います。

7+

この記事を書いた人

和菓子が好きな会社員

金森 祐芽 Yume Kanamori

茨城県出身、多摩美術大学美術学部芸術学科卒業、現在は会社員。 和菓子と写真のほか、美術鑑賞・人形制作・旅行・お酒・映画も好き。

  • instagram
  • twitter
  • facebook

特集

編集部のおすすめ

【今月は写真本特集】写真学校ってどんなことを習うんだろう!

自分が好きじゃない女子高生のミトがお隣のお姉さんに誘われたのはファインダー越しの世界!?一

「観ることで知る、写真の楽しみ方や学び方」