旅のこと

21.08.05

ゆるりと台南#3【旅カメラ旅ごはん】

小野﨑 由美子

小野﨑 由美子

台南No.1夜市へ!

夜市は、台湾の旅の楽しみの一つ。
台北では士林夜市が有名ですね。旅行者には食べ歩きがメインになりますが、生活雑貨や服、様々な日用品が売られています。モノが売られているだけではなくゲームセンターもあって、外食の多い台湾の人たちが集うショッピングセンターのようで、歩くだけでも楽しいです。台北駅からバスで行ける基隆の夜市はグルメ夜市で、美味なるB級グルメをたっぷり堪能できます。

台南には夜市が四つあり、それぞれ開催曜日が決まっています。
中でも一番大きいと言われているのが、花園夜市です。

小野﨑由美子・ゆるりと台南#3【旅カメラ旅ごはん】
シンガポールのなんちゃらツリーに似ているセンス。

ちょうど到着日に花園夜市が開催されていたので、宿で荷解きをしてから早速行ってみました。

いきなり入口からこの熱気です。今となって振り返ると、すごいですね。この密集度。

小野﨑由美子・ゆるりと台南#3【旅カメラ旅ごはん】
林立する幟がまるで戦国時代のよう。もっとも、美味しそうなことしか書かれてません。

人気の夜市となれば、このくらいの込み具合は普通。臆せず見て回りましょう。

台湾の人は、黙ってぐいぐい押したりしません。こんなに混んでいても、譲って譲られて気分よく過ごせます。

小野﨑由美子・ゆるりと台南#3【旅カメラ旅ごはん】
魅力的なモノを見つけたら速攻でいただきましょう。
小野﨑由美子・ゆるりと台南#3【旅カメラ旅ごはん】
中身が見えないとオーダーしにくい!
小野﨑由美子・ゆるりと台南#3【旅カメラ旅ごはん】
ゲームコーナー。昔懐かしいパチンコ台や輪ゴムの射的などなど、若い人たちで賑わっていました。

まずはひと通り見て回って、人気のありそうな屋台をチェックします。夜中に向けてどんどん混んでくるので、お腹の配分なんて考えず、食べてみたいものから行列に加わります。

まずはこちらに並びました。

小野﨑由美子・ゆるりと台南#3【旅カメラ旅ごはん】

葱油餅の屋台です。結構並んでいますが、どんどんオーダーを捌いていくのでそこまで待ちません。待っている間に、他のお客さんがどうやってオーダーして、どうやって支払っているのかをチェックしたりします。

小野﨑由美子・ゆるりと台南#3【旅カメラ旅ごはん】

奥の鉄板で焼いて、手前で切って、胡椒を振って、手際よくお客さんに渡していきます。

小野﨑由美子・ゆるりと台南#3【旅カメラ旅ごはん】

これが葱油餅。小麦粉の生地にそぼろや葱を入れて揚げ、しっかりめに胡椒その他の調味料をふったもの。チヂミにも似た美味しさです。台湾の葱は甘くて美味しい。カリカリとした食感を楽しむために、熱々をいただきましょう。

次はすっごく気になったこちらへ。

小野﨑由美子・ゆるりと台南#3【旅カメラ旅ごはん】

鴨血!
恐ろし気な名前ですが、台湾のローカルフードなんだそうです。

名前の通り鴨の血を固めたもの。スペインにも豚の血のソーセージがありますし、いろんな地域の人が使おうと思いつく食材なのかもしれません。

小野﨑由美子・ゆるりと台南#3【旅カメラ旅ごはん】

見た目はレバー。血だからと言って鉄分ぽい味がすることもなく、クセが全くないです。柔らかい水切り豆腐みたいなこんにゃくみたいな。レバーより全然食べやすい。いや、すっごく美味しい!魚の団子も入っていて、ちょい辛のスープにはいいお出汁が効いてます。

いやいやいや、食べてみるもんです。ハマりそうです。

小野﨑由美子・ゆるりと台南#3【旅カメラ旅ごはん】

こんなところで食べます。お店の人が仕込みをしているところや、他のお客さんが何を食べているのかを観察するのが楽しい。

次にチャレンジしたのは、台北の士林夜市で食べて美味しくてハマった臭豆腐。

小野﨑由美子・ゆるりと台南#3【旅カメラ旅ごはん】

このお店はハズレでした。見た目美味しそうなんですが、豆腐がパサパサでタレは味が薄すぎ。残念。

台湾と言えばのタピオカミルクティーも買いました。

小野﨑由美子・ゆるりと台南#3【旅カメラ旅ごはん】

タピオカが激甘。「甘さ少なめで!」とお願いする言葉を覚えていくのを忘れたので、出されたまま、粛々といただきました。

もっといろいろ食べたかったのですが、この日のお昼が遅かったのと、最初に食べた葱油餅がお腹の中でふくれてきたので、この辺で引き上げることにしました。

夜市はどこも中心部からちょっと離れているので、行きも帰りもタクシーが便利です。花園夜市では入口近辺にタクシーが列をなしていたので、難なく捕まえられました。

夜市に行く際の注意点をいくつか。

多少汚れてもいい服で、汚れてもいいスニーカーで行きましょう。食べ歩きで他人の食べ物が接触することもありますし、自分でやっちゃうことだってあります。イスやテーブルがキレイとは限りません。サンダルは踏まれた時のダメージが大きいです。あと、意味不明に濡れている場所を歩くのに勇気が要ります。

小野﨑由美子・ゆるりと台南#3【旅カメラ旅ごはん】
皆さんこんな感じ。食べ歩きするので、両手は空けておくのが吉。

カードは使えませんので、お金は小さく崩しておきます。素敵なお財布はホテルのセーフティボックスに置いていきましょう。

いろいろ油っこいので、ウェットティッシュをお忘れなく。

小野﨑由美子・ゆるりと台南#3【旅カメラ旅ごはん】
うなりを上げる発電機、客引きの声、雑踏。今一番恋しいものかもしれません。
4+

この記事を書いた人

兼業旅人/猫愛好家/社畜

小野﨑 由美子 Yumiko Onozaki

旅と食と猫を愛するバブル入社の社畜。都内在住。 渡航歴は80回以上、訪れた国は30か国。香港への渡航は20回を超える。 以前はキレイな海や美味しいローカル飯が旅の主目的だったが、最近はグレートネイチャーな旅も。 愛猫しじみは元捨て猫(♂)。夫婦で絶賛溺愛中。 NADAR「女性による女性のための写真教室」で本格的に写真に取り組み始める。 愛猫はもちろん、旅の景色と食べ物、日々の東京を撮っている。

WEBサイト:Blog「次、どこ行く?」

instagram:@shijistagram