旅のこと

20.11.11

旅のこと:チベット旅行記・北京空港~西寧

Taru

Taru

どうもTaruです。

さてさて、やっと空港内も賑やかになり無事に西寧行きの飛行機に搭乗することが出来ました。フライトは約2時間半。あっという間に着きました。

Taru・旅のこと:チベット旅行記・北京空港~西寧

事前に前乗りをしているSちゃんより西寧空港とホテルの情報をもらっていて楽勝!と思ったのが大間違い。やはり中国。ハードルが高い。

空港からホテルまではバス移動をします。が…チケットを買うのに中国のキャッシュレス化が進んでいるせいでチケットが買えません!

受付の無愛想なお姉さんに現地のペイペイみたいなアカウントを取れと言われ、クレカのせいなのかアカウント取得ができず、「できないよ~~」と泣きついたところで現金を受け取ってくれました。これは親切ではなく、本来は現金でも買えるけどお姉さんがめんどくさがって現金を受け取ってくれなかったせいであり…一応「センキュー…」と言いましたが内心は…。とはいえ無事にバスに乗れたので良しとします。

一路、西寧市街地まで向かいます。到着まで確か4、50分ほど。降車場所を何度も運転手さんに確認し、大きな駅が見えるごとにここで降りるのでは?とヒヤヒヤしながら降ろされたところは普通のバス停。観光客が使用するようなバス停ではなくローカル線が巡回するような場所でした。

よし、ここまできたらホテルはすぐそこ!でもどっちに進むか分からないのでGoogleMap先生、お願いします!さぁどっち?とお伺いを立てたところ右に行けという。よし右ね。Sちゃんが言うには目印は銀行と送ってくれた写真のような石畳。いざ向かいます!

さて、Mapに従った結果。1時間歩いても到着しない。
んんん…これはおかしいぞ?というか気付くの遅いぞ私!
マッッップーー、こっちで良いのよね?なんか違う?着かないよ?
暑いし、サンダルで足痛い…。

もうこりゃダメだ…となったところでハッと気づく…。
タクシーの存在に。

奥さんと休憩中にFaceTimeをしていたお兄さんを無理やり捕まえて、ここに行きたいんだ!と身振り手振り。

タクシーのお兄さん「逆方向だよ?ほら(お兄さんのスマホ画面を見せてくれる)」
私「え!?私のマップは進行方向こっち(つまり逆)」
お兄さん「うーーん。いや、やっぱりこっちだよ」
と言う問答を繰り返した末、これ以上は一人で彷徨う事になりそうなので大人しくお兄さんに従う事に。そうするとあら不思議、15分ほどで無事ホテルに到着。お兄さん!

※本日の教訓:中国国内ではWeChatPayを持つべし/ネットが通じても外部から持ち込んだ端末は信用するべからず

また次回。

6+

この記事を書いた人

カメラマン

Taru

スタジオアシスタントを経て旅人をしてました。 東京に来てからはご縁のある方と写真の仕事をさせていただいています。主に、雑誌、広告、web媒体。 旅と共に、人と共に写真を撮っています。

WEBサイト:https://ayatarumi-work.tumblr.com/

instagram:@tarumi.aya