暮らしのこと

21.02.11

ふだんの暮らしに重箱を

粟村 千晶

粟村 千晶

お正月だけじゃもったいない 重箱を日常的に使ってみよう

粟村千晶・ふだんの暮らしに重箱を

重箱というとお正月や運動会にだけ使う、特別なうつわというイメージがありませんか。年に1、2回しか出番がないわりにスペースを取るので、持っていない方もいるかもしれません。

しかし、重箱を深さのある「入れ物」ととらえれば、いろいろな使い方ができます。しかも、ふたがついているので、衛生的で食品保存にもぴったりです。

今回は、私が実践している重箱を日常に使うアイデアを紹介します。

うつわとして使う

粟村千晶・ふだんの暮らしに重箱を

重箱を一段ずつばらして、普通にうつわとして使います。重箱は3~5段で20㎝前後の商品が多いので、家族1人分のおかず用や取り皿にもなります。

私は、ミニサイズのブルーの重箱に苺サンドを盛り付けてみました。最近はカラフルなものも増えているので、洋食やスイーツにも気軽に使うことができますよ。 

また、いつものおかずを重箱に詰めるのもおすすめです。おにぎりや卵焼きを重箱に入れるだけで、少しかしこまった雰囲気になります。角型の重箱は空間を仕切りやすいので、色々なおかずを詰めるのに便利です。市販のお惣菜を重箱に入れ替えるだけでも豪華に見えるので、急なおもてなしにもピッタリ! 何より蓋付きなのでサプライズ効果もありますよ。

収納グッズとして使う

粟村千晶・ふだんの暮らしに重箱を

重箱は深さがあるため、収納量があります。私は使わないときはお正月用の箸置きなどを入れています。

重箱は中身が見えないので、出したままでもOK。見せる収納グッズとして、そのままでもインテリアになります。お正月やひな祭りの時期は、そのままリビングの棚の上に置いて飾っておくこともあります。モダンな柄なら、洋室でも違和感がありません。

フラワーボックスとして使う

粟村千晶・ふだんの暮らしに重箱を

私が時々やるのが、お花を生けること。花が詰まったお重はギフトボックスのよう。テーブルに並べるだけで華やかになりますし、お花を変えれば、1年中楽しむことができます。何より特別な技術は不要なので、ステイホーム中のプチ模様替えとしておすすめです。

また、お花の代わりに、オーナメントを入れてクリスマスの食卓に飾ったこともあります。キラキラとしたものがあるだけで、空間がパッと明るくなります。

粟村千晶・ふだんの暮らしに重箱を

今回紹介したアイデアは、どれもすぐにできる簡単なものばかり。重箱を食器棚の奥に眠らせたままではもったいないですよ。

お正月以外にも出番をあたえて、食卓の「スタメン」として使ってみて下さいね。

7+

この記事を書いた人

うつわスタイリスト

粟村 千晶 CHIAKI AWAMURA

うつわ好きが高じてテーブルウェアスタイリストの資格を取得。その知識を生かして食器専門メディア「TABLE LIFE」(https://table-life.com/)でコラムを執筆しています。洋服を選ぶように、うつわも季節や色を意識して選ぶと楽しい! うつわ選びや組み合わせのコツなど、暮らしを楽しむアイデアを発信していきます。

WEBサイト:tablestyling.amebaownd.com

instagram:@awamurac

  • instagram
  • twitter
  • facebook

特集

編集部のおすすめ

【今月は写真本特集】写真学校ってどんなことを習うんだろう!

自分が好きじゃない女子高生のミトがお隣のお姉さんに誘われたのはファインダー越しの世界!?一

「観ることで知る、写真の楽しみ方や学び方」