旅のこと

20.10.29

旅のこと:チベット旅行記・北京空港にて

Taru

Taru

どうもTaruです。
日本を出発したけどまだまだ北京空港です。まだ下の写真の景色にさえ辿りつきません。

Taru・旅のこと:チベット旅行記・北京空港にて

さて、いよいよ日本を発ちます。

結局Mさんは来られず、旧知の仲のSちゃんとの旅です。

現地の旅行会社に申し込みをしているので現地までは自力で行きます。そして旧知の仲とは言え、お互いふらふらっと旅をする人種なので落ち合うのはツアー開始場所の西寧という街で、ということになりました。

さて、ここからが大変。ふらふら旅の人種ですが、なんとなく中国には苦手意識があり、果たして辿り着けるのかという心配でご飯が喉を通りません。

バックパッカー時代の名残で安い航空券しか買いたくない!高いのは嫌だ!で探し出したのが、下のもの。旅程前後の仕事のスケジュールを加味し、その中で安いのを探しました。日程をかければもう少し安いのもあったので、お金出せるようになったなぁと。(ちょっとだけ)大人になりました。

・7月30日、21:00/東京発 

・7月31日、00:00/北京着

・同日、07:00/北京出発

・同日、09:30/西寧着

羽田から北京行きに搭乗しているお客さんはどうやら中国人の方が多かったらしく、北京につくなりさっさと姿が見えなくなりました。そして、深夜着の便のため空港に人がいない!!ピンチ。

北京には何年か前に来たことがあるけれど、こんなだっけ?こっちだっけ??え?指紋ここで取られるの?と、セキュリティも厳しくなりつつある様子で、全く勝手がわかりません。

人がいないので、わからなかったらとりあえず聞くというスタンスも取れません。

若干ツミそう。

ひとまず、まばらにいる人にくっついて、多分これ以上は行けないであろうところまで進み、ベンチで荷物を下ろしました。乗り継ぎまで数時間あったにもかかわらず、お一人様で荷物が心配状況に落ち入り、トイレにもなかなか行けず、眠れず。眠気覚ましのために空港内をふらふらして、やっと乗り継ぎ便の搭乗時刻が近づきました。

さあ、これに乗ってしまえばあとは事前に予約した西寧のゲストハウスに直行だー!わーい!

と浮かれたのもこの時だけ。到着するまでいろいろあります。

それではまた次回。

3+

この記事を書いた人

カメラマン

Taru

スタジオアシスタントを経て旅人をしてました。 東京に来てからはご縁のある方と写真の仕事をさせていただいています。主に、雑誌、広告、web媒体。 旅と共に、人と共に写真を撮っています。

WEBサイト:https://ayatarumi-work.tumblr.com/

instagram:@tarumi.aya

  • instagram
  • twitter
  • facebook

特集

編集部のおすすめ

【今月は写真本特集】写真学校ってどんなことを習うんだろう!

自分が好きじゃない女子高生のミトがお隣のお姉さんに誘われたのはファインダー越しの世界!?一

「観ることで知る、写真の楽しみ方や学び方」