写真のこと

20.08.10

準備編 〜写真の技術をつける前に その1 【写真生活手帖】

林 和美

林 和美

林和美・準備編 〜写真の技術をつける前に その1

いつもの通勤電車。改札。にこやかに笑いかけるビラを配る人。今日の仕事のことを考えながら登るシブヤ駅東口の大きな歩道橋。

登り切ると思いがけず東京らしくないセルリアンブルーのきれいな空、オレンジラインの銀座線。私が、まず思うのは「きれいだな」です。写真を撮りたいが先にあるのではないと思います。良いなと思うものに出会ったら深呼吸でもして感じること。

「 写真撮りたいなぁ」は、その後。いい写真撮ってやる。なんて意気込んでいると何も見えてこないんですよ。大事なのは感じることなんだと思います。それがないと始まらないと思います。感じることができれば、その後は写真撮る人、絵を描く人、文章を書く人、友達に話す人、もちろんただただ見るだけの人、いろんな人がいていいと思います。

林和美・準備編 〜写真の技術をつける前に その1

のんびり行きませんか?

だからこそ、写真の技術を身に付ける前に必要なこと。それは自分のまわりのことを受け入れ、感謝し、感じる心を持つことです。

15+

この記事を書いた人

代表

林 和美 Hayashi Kazumi

写真生活手帖/代表、 フォトライフ・プランナー、 写真家、ギャラリー NADAR 主宰。 三重県生まれ。大阪芸術大学卒業後、広告代理店、フォトエィジェンシー勤務を経て現在に至る。 写真集 「ゆびさき」(青幻舎) 「装幀写真」(ナダール書林) 著書 「写真生活手帖」(ピエ・ブックス) 「写真生活手帖〜実践編」(ピエ・ブックス) 「女性のためのカメラレッスン」(大泉書店)

WEBサイト:林和美写真画廊

FaceBook:林和美

instagram:@nadarou

twitter:@nadarou