暮らしのこと

21.01.18

手作り蝋引き紙で封筒を作ってみよう

写真生活手帖編集部

写真生活手帖編集部

おうち時間が増えたので、日頃撮ってる写真を使って何か出来ないかなと考えました。

そこで思いついたのが、記念写真を渡したりする時に使う封筒です。

旅行やイベントを一緒楽しんだお友達に渡すからには、素敵な封筒にしたい!

ということで、今回は少し趣向を凝らして、蝋引き(ロウ引き)紙を手作りして、それを使って封筒を作ってみたいと思います。

ポチ袋サイズはチェキプリントがちょうど入ります。

世界でたったひとつの封筒。きっと喜ばれますよ。

蝋引きした紙は、風合いが良いだけでなく、耐水性がああり、湿気に負けない耐湿性も備えています。

お気に入りの写真と封筒テンプレート

まずはお気に入りの写真をプリンターでプリントしてください。用紙は普通紙(コピー用紙)を使ってください。厚い写真用紙では、ロウが染み込みませんので注意してください。

自宅にプリンターがない場合は、コンビニでコピーしても大丈夫。

封筒テンプレートは、あると便利だし、価格も安いので、この機会にぜひご購入ください。

出来上がりを想像して、絵柄の良い部分にテンプレートを置いてください。

テンプレートに沿って鉛筆で線を引きます。このテンプレートは、いろんなサイズが選べるので、好きなサイズを作ることが出来ます。

定規を使って丁寧に。

引いた線を元にして、切っていきます。テンプレートを使って切るとテンプレートが傷むので、面倒でも定規を使ってください。

切り取り完成
手を切らないように注意して

折る部分は、カッターの背の部分で筋をつけておくと折り曲げやすいです。

おろし器は、100均で買えるもので十分

ロウソクをおろし器を使っておろしたものを使います。

下に段ボール敷くのを忘れずに

クッキングシートの上に用紙を乗せて、おろしたロウを用紙全体にパラパラと振りかけます。

ロウが多いと厚くなりますし、跡がつきやすくうまく仕上がりませんでの注意してください。

逆に、ロウが少ないようなら、途中で足してやり直しても大丈夫なので、最初のうちは様子を見ながら加減してください。

ロウを振りかけ終わったら、クッキングシートで挟んで、上からアイロンをかけてください。

ロウが溶けて、用紙に染み込みました。

溶けたロウが用紙に染み込んで固まったら、先ほどつけておいたおり筋で折り曲げます。

全て折り曲げたら完成!

いろんな写真を使って、いろんなサイズに挑戦してみてくださいね。

わざとしわをつけても、独特の風合い出て素敵な感じになります。

今回使ったプレートはこちら。いろんなサイズが作れますので、お好みで。

いかがでしたか?

とても簡単で、思っているより素敵な封筒が出来上がるので、ついつい作りすぎてしまいますよ!

お気に入りの写真で、ぜひ挑戦してみてくださいね。

6+

この記事を書いた人

写真生活手帖編集部

いまの暮らしに、+写真「写真生活手帖」の編集部です。 暮らしをちょっと楽しくする写真生活の提案をしていきます。

  • instagram
  • twitter
  • facebook

特集

編集部のおすすめ

【今月は写真本特集】写真学校ってどんなことを習うんだろう!

自分が好きじゃない女子高生のミトがお隣のお姉さんに誘われたのはファインダー越しの世界!?一

「観ることで知る、写真の楽しみ方や学び方」